スポーツブックで クォーター、ハーフ、期間指定ベットをする方法

ベット

オッズメーカーがゲームのラインを発表する時には、いつでもゲーム全体のオッズを提示します。これは、クォーターとかハーフなどのコンテストで別のインターバルで賭けることができないということではありません。ゲーム全体に賭ける時に考慮すべき不確定要素が多数あります。短めの時間枠で賭ける時には、プレイする要因が少なくなります。クォーター、ハーフ、期間指定ベットの種類や、日本のブックメーカーでこのようなベットをする方法を分析しましょう。

期間指定ベットとは?

マネーライン、スプレッド、ゲーム全体の合計の代わりに、対戦のさまざまなインターバルで同じカテゴリーに賭けることができます。例えば、NBAゲームの最初のクォーターとか、NFLゲームの後半戦などに賭けることができます。

一部のケースでは、すべてのクォーターやハーフのラインがゲーム開始前に利用できます。ですが、一部のスポーツブックは、最初のうちは最初のクォーター、ハーフ、ピリオドラインを明かすためだけに選択します。

時間指定ベットをする方法は?

このような賭けをする手順はスポーツブックやモバイルアカウントから本人が賭ける方法ととても似ています。

モバイルアカウントとの主な違いは、これらのベットは見つけるために探し出すことができるということです。一部のスポーツブックでは、ウェブサイトやアプリに明確に「フルゲームライン」とか「前半戦ライン」としてオッズを分類しています。ですが、サイトによっては他の選択肢を見せるために、「別の賭け」オプションをクリックする必要があります。

この指定ベットに対する長所がある理由は?

短い期間の賭けには多くの長所があります。ひとつは、ベッターがライン自体で普通に値を見つけることができること。スポーツブック側の怠慢として見ることができる所もあれば、スポーツブックは本当にそのようなラインの設定方法を知らないと思う場合もあります。物事の事実は、ほとんどのクォーターまたはゲームラインはフルゲームラインと正比例します。例えば、ゲームに -8のフルゲームラインがあると、前半戦のラインは恐らく -4、各クォーターラインは、普通は -2です。このようにベッターはスタートが速い、遅いチームの傾向をリサーチすることができれば、そのようなラインの値を識別する見込みがあります。

時間指定ベットのもうひとつの良い所は、不確定要素が少ないという事実です。例えば、バスケットボールチームは最初のクォーターであまり交代しません。ですから、ベッターはその時間に誰がプレイするかということにもっと安心できます。加えて、プレーヤーはゲームの早い時間ならファールのトラブルや怪我をする見込みが少ないでしょう。

クォーターやハーフに賭ける最適な理由ではありませんが、別の長所は、フルゲームのベットを待つよりも潜在的にベットの現金を引き出せることです。このようにベッターは、ひとつだけのフルゲームベットの現金を引き出す代わりに、ゲーム全体で複数のベットに資金を供給することができます。

これらのベットに対する戦略は?

上述通り、スタートが遅いのか速いのかというチームの傾向を見ることができます。また、チームに強さという点で大きな長所があるなら、これは通常は最初のクォーターやハーフベットにはさほど関係ありません。ですから、どのスタメンがより良いかということにもっと重点を置きます。後のクォーターや後半戦に賭けるメリットも考慮すべきです。そのような賭けを待つことは、ベッターにゲーム開始を見る機会を与え、進行について感触を得ることができます。その後に、自分たちが見たことに反応して、適切に賭けることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *